良く効く育毛剤ってあるんですかねぇ~

今まで、何本も「良く効く!」lっ評判の育毛剤を使ってきたんですけどね。


抜け毛が気になりだして、気が付いたら頭頂部の薄毛が進行しています。 それも、頭皮が透けて目立つぐらいの薄毛です。このまま放置しておくとハゲてしまわないか不安が募ります


市販の育毛剤を使ってはみたのですが、あまり効果を感じることは出来ませんでした。資生堂の育毛剤が良いと聞いて半年ほど使用してみましたが、抜け毛が少し減ったかな?という程度です。


ミノキシジルが効果があるとリアップも買ってみましたが変化はありません。 何だか騙されているような気がしてきました。育毛剤なんか効果ないと・・・。


最近では、病院でAGAを治療することが出来ると宣伝していますが、病院で処方されるのはミノキシジルのようです。リアップで全く効果がなかったので、疑心暗鬼になっているかもしれません。


病院では、ミノタブと言って内服薬のミノキシジルも処方されるようですけどね。副作用の危険性を謳っているので内服薬は少し怖い気もしますしね。


あとフィナステリドとってAGAの原因である男性ホルモンの働きを抑制してくれる薬もあるそうです。ミノタブと併用することで効果を期待できるそうです。


しかし、「男性機能の衰え」「女性化(胸がふくらむ)」などの副作用の可能性もあるそうです。


『髪の毛を取るか、男性機能を取るか!?』 これは難しい選択かもしれません。


副作用もなく効果の高い育毛剤はないのか?


無添加育毛剤をいろいろと探しました。探すと結構あるもんですね。 しかしながら、無添加だから安心ではありますが、効果がなければ意味がありませんよね?


無添加を条件に効果の高い成分を配合している育毛剤を探してみました。 探せばあるもんですね。あとは、その成分が自分にも効果があるかどうかですね。


発毛効果を持つ成分として「M-034エキス」「バイオポリリン酸」「センブリエキス」「プラセンタエキス」「ビワ葉エキス」などがありましたよ。 また、抜け毛を予防してくれう成分として「オウゴンエキス」「イチョウ葉エキス」「ノコギリヤシ」などがあります。


さらに独自に成分をナノ化ししたり、ナノ水を利用することで「浸透力」を高めている育毛剤もありました。


育毛剤には「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」として登録されているものがあります。


「医薬品登録」は、効果はあるが副作用の心配もある育毛剤、「医薬部外品登録」は、ある程度の効果を期待できるが有効成分の濃度を抑えている育毛剤、「化粧品登録」には、あまり効果を期待できる成分は含まれていいないことが多いですね。
この点を抑えて、配合成分を気にして副作用の可能性の低い「医薬部外品の育毛剤」を選ぶことが良いでしょう。


また、「発毛効果」だけでなく「抜け毛予防効果」を併せ持つ育毛剤を選ぶことが出来れば、さらに育毛剤の効果を実感することが出来るでしょう。 ホーム RSS購読

育毛剤の効果を確実に実感するためには、発毛効果、抜け毛予防効果を持つ成分を配合していることはもちろん、浸透力も大切な要素です。また、医薬品、医薬部外品、化粧品登録の育毛剤かもポイントですね。有効成分の濃度が違うと考えれば簡単かもしれません。濃度が高いものが副作用もある。濃度が低ければ副作用もないが効果